消費者金融からお金を借りている場合、金利が違法に設定されているため、元本及び本来の利息を払い終えているにも関わらず返済を続けていることがあります。それを過払い金といいます

過払い金とは
過払い金とは

過払い金とは

消費者金融などからまとまったお金を借りた場合、毎月返済をしていくわけですが、利息を払い過ぎてしまっている場合があります。
お金を貸す側(債権者)は利息制限法で定める金利を超える利息設定をしてはいけません。
法律で決められていることです。
ところが、平成22年6月18日施行の出資法改正以前においては、利息制限法に違反しても罰則がありませんでした。
罰則がないことに乗じて、債権者は出資法という金利に関する別の法律(出資法に違反すると罰則があります)に違反しない範囲で金利設定をしてしまっていたのです。
その方が利息を多く徴収できるからです。
「本当はいけないけどお咎めがないならいいだろう」という悪い考えが横行していたのです。
この金利の差を「グレーゾーン」と言っています。
ですので、債務者が債権者から言われるままに長く返済を続けていると、本来の利息・元本の支払いを終え、支払う必要のないものを支払わされてしまっていた可能性が非常に高いです。
それこそが「過払い金」の正体です。
いつになっても返済が終わらないと思っているあなた、弁護士などの法律家に相談してみましょう。
そして、過払い金が発生していることがわかったら、すぐに取り返しましょう。

注目情報

  • カードローン審査のことならおまかせ!すごく便利で役に立つカードローン審査専門サイトはこちら。